RyoteiStyleJp

TOP > 連載・コラム

うつわの世界~秋をいただく和食とそれを受け止める“白”~

秋の食材の王様といえば松茸。その松茸をこれまた美味なる秋鮭で挟み焼いた料理。鮮やかな鮭といくらの朱の色が目にとびこんでくる一品です。
(このレシピの記事はこちら)

盛りつけたうつわは、皿、ぐい呑ともに横山拓也氏の作品。粉引のしっとりとした白が印象的で、シンプルなかたちながら力強さも感じられます。

皿に見られる貫入はまるで計算された模様のよう。じつは裏にしても使えるようで、次はどんな料理(デザート)をレイアウトしようか…と、夢がひろがります。

ぐい呑は、口縁部分が斜めにつくられておりモダンさが際だっています。ぐい呑としては少し高さもあるので、茶杯としても活躍してくれそうですね。

■取材協力・商品お問い合わせ
ギャラリー宙(そら)
http://tosora.jp/

関連キーワード

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

SNSでRyotei Style Jpをチェックしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube