RyoteiStyleJp

TOP > 連載・コラム

うつわの世界~荒川真吾がつくる呉器茶碗のかたち~

秋の定番といっても過言ではない栗の炊き込みごはん。黄金色の栗を明るく輝かせるうつわを探し、見つけたのは淡い色の茶碗でした。
(このレシピの記事はこちら)

こちらは、荒川真吾氏の作品。高台を含め、スッと背の高く見込みが深いのが印象的です。これは、昔の朝鮮半島で焼かれていた高麗茶碗のひとつである“呉器茶碗”のかたちを模しているそう。
ベージュピンクのような地色に釉薬のグレーがかかり、土の鉄分が黒くぽつぽつと表情を加えています。白ご飯はもちろん、出汁や醤油色の炊き込みごはんともすんなり合いそうですね。

■取材協力・商品お問い合わせ
ギャラリー宙(そら)
http://tosora.jp/

関連キーワード

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

SNSでRyotei Style Jpをチェックしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube