RyoteiStyleJp

TOP > 連載・コラム

うつわの世界~荒川真吾の“しっとり感”の鉢と酒器~

秋の食材を揚げて出汁をかけた料理。海老や銀杏、にんじんの色はなかなか艶やかで、うつわ選びも楽しくなります。今回はしっとりとした黒の鉢とコーディネートしました。
(このレシピの記事はこちら)

全体にかけられた黒釉によって、ふつふつと小さく空いた細かな穴や、所々キラリと光る部分など、様々な表情が見て取れるこの鉢は、宮崎で作陶している荒川真吾氏の作品です。食材の色をしっかりと受け止め、より輝かせるマットな黒のうつわは本当に重宝しますね。

さて、これに合わせるぐい呑も同じ荒川氏の粉引の作品を。白色と安易に言うのは申し訳ないくらい、この作品も表情豊かです。ほんのりグリーンの釉だまりや貫入、裏を返せば、轆轤目や高台は少し無骨な雰囲気も。とはいえ、形がオーソドックスだからでしょうか。つい毎日手にとりたくなるような、親しみやすさも感じられるのです。

■取材協力・商品お問い合わせ
ギャラリー宙(そら)
http://tosora.jp/

関連キーワード

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

SNSでRyotei Style Jpをチェックしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube