RyoteiStyleJp

TOP > 連載・コラム

うつわの世界~鮮やかな緑色を映えさせる~

抹茶を加えた衣(ころも)で上げた魚の天ぷら。その美しい色を主役にするために黒の板皿を。そして差し色的な役割で色絵のぐい呑をコーディネートです。
(このレシピの記事はこちら)

板皿は信楽で作陶している鈴木正彦氏の作品。信楽の土に鉄釉をかけた黒色で、べったりと真っ黒というわけでなく、ほのかにシルバーがかったようなやわらかな印象です。鉄釉の流れたところや高台の形など、裏を返してみても表情豊かですね。

さて、ぐい呑は萌窯の作品で九谷の色絵です。外側は鮮やかともいえる色で花模様が描かれ、見込みの縁には少しシャープな模様の帯が描かれています。そば猪口としても使える大きさですので、氷を入れて日本酒や焼酎をロックで楽しむのもいいかもしれません。

■取材協力・商品お問い合わせ
ギャラリー宙(そら)
http://tosora.jp/

関連キーワード

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

SNSでRyotei Style Jpをチェックしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube