RyoteiStyleJp

TOP > 連載・コラム

うつわの世界~「天ぷら」を晩酌で愉しむ~

たとえば蕎麦と一緒に、もちろん白ご飯とも一緒になど、和食のちょっと贅沢なおかずとして存在する天ぷら。たまには洒落て晩酌のおともにしてみませんか?
(このレシピの記事はこちら)

天ぷらを盛りつけたのは、中村孝夫氏の平鉢。白磁にガラス質の釉薬をかけてあり、ところどころの青い釉だまりが綺麗です。

そして、天つゆを入れているのは、丹心窯のうつわ。水晶彫の花が可愛らしく、使い勝手も良い大きさです。煮物の皿としても大活躍してくれそうですね。

天ぷらの薬味として、しょうがを乗せているのは美濃焼の小皿です。天ぷらと天つゆのうつわを白で揃えたので、ここらで黒を差し色に。しょうがの黄色が映える素敵なコントラストができあがりました。

さて、晩酌といえば酒。これは会津慶山焼の、なんと“置けない盃”なのです。下で支えているのは、本来は急須の蓋置きなのだそうですが…。なんとも楽しい盃と美味しい天ぷらで、秋の夜長のひとときを心地よく過ごせそうですね。

■取材協力・商品お問い合わせ
銀座器ギャラリー門
https://ginzamon.jimdo.com/

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

SNSでRyotei Style Jpをチェックしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube