RyoteiStyleJp

TOP > 連載・コラム

うつわの世界~モノトーンにアジアのデザートを~

ベトナムの生春巻でよく使われているライスペーパで、フルーツとこしあんを包んだ和菓子。アジアンな雰囲気でありますが、これをモダンな“和”のイメージにしてみます。
(このレシピの記事はこちら)

デザートをもりつけたのは、杉田明彦氏の作品。木のトレイに漆がほどこされ、黒漆の渋くマットな艶と木の質感がしっとりとマッチしています。料理をのせる皿としてはもちろんですが、小さなオブジェを飾るなど使い方の想像が広がります。

これに合わせたのは磁器のカップ。こちらは奥絢子氏の作品です。アイボリーがかった白で、縁にはマンガン釉がかけられているそう。この珈琲色がモノトーンのコーディネートにあたたかなニュアンスをもたらしてくれました。

■取材協力・商品お問い合わせ
ギャラリー宙(そら)
http://tosora.jp/

関連キーワード

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

SNSでRyotei Style Jpをチェックしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube