RyoteiStyleJp

TOP > 連載・コラム

うつわの世界~インパクト大の唐津焼 岡本作礼の角皿~

まず、白と黒のコントラストの素晴らしさに手にとった岡本作礼(さくれい)氏の作品。この、白釉薬と黒釉薬をつかうものを朝鮮唐津というのだそうです。

釉薬が縁からうつわの底にむかってなだらかにながれている様子も趣があり、また、ふたつの色が溶け合う境目は、なんとも表現しがたい不思議なグラデーションができています。


いつもの、うつわを眺める習慣で裏を返してみて、ここで驚きが。唐津の土の色お目見えする想像をしていたら、それに加えて葉の模様が施されています。ちなみに、こちらは鉄釉で描かれたとのこと。

なんだかとても派手な皿に思えますが、白黒の釉薬はどんな食材の色も際立たせてくれるもの。なかでも鮮やかな色のお料理をピッと引き締めてくれるに違いありません。

■取材協力・商品お問い合わせ
銀座器ギャラリー門
https://ginzamon.jimdo.com/

※このうつわを使用したレシピはこちら

関連キーワード

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

SNSでRyotei Style Jpをチェックしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube