RyoteiStyleJp

TOP > 連載・コラム

うつわの世界~しっとりとした「白」と「骨董」を愉しむ~

なんとも涼やかな半透明の和菓子。ガラスのうつわには文句なく美しく映えると考えますが、ここはもう少しシックな“和”を追求してみたくなります。
(このレシピの記事はこちら)

お菓子をもりつけているのは黒木泰等氏の粉引の皿。表面は粉引ならではスッとなめらかなイメージですが、裏を返すと土にあった鉄分がにじみ出ていたりして違う表情が楽しめます。
 
しっとりとした粉引の皿に合わせる湯呑みは、谷村崇氏の作品。こちらは磁器ですがただ白いだけでなく様々な色味が見て取れます。これを骨董の茶托に乗せ、同じく銅でつくられた骨董の急須と合わせたら、これまた趣深いコーディネートとなりました。

■取材協力・商品お問い合わせ
器まるかく
http://marukaku.jp/

関連キーワード

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

SNSでRyotei Style Jpをチェックしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube