RyoteiStyleJp

TOP > 連載・コラム

うつわの世界~九谷の鉢とガラスの片口 それぞれの麗しい曲線~

牛肉を贅沢にのせたステーキ丼。肉に赤色が映えるように、そして迫力に負けないよう、丼(どんぶり)よりも大きい大鉢に盛りつけました。
(このレシピの記事はこちら)

こちらの鉢は、萌窯の作品。御夫婦で作陶しており、御主人が成形して奥様が絵付けをしているとのこと。ふわりと丸みを帯びたフォルムが美しく、描かれている龍も厳(いか)つい表情の絵なのかと思いきや、ちょっぴりおどけたようにも見えるのが魅力です。

そして、ポン酢を入れているガラスの片口は、高橋禎彦氏の作品。触れてみるとわかるのですが、とにかく薄くて軽いことに驚きます。さらになんといっても片口部分が独特。ゆるりとカーブしてスッと尖っていて、惚れ惚れしてしまうのです。

■取材協力・商品お問い合わせ
ギャラリー宙(そら)
http://tosora.jp/

関連キーワード

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

SNSでRyotei Style Jpをチェックしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube