RyoteiStyleJp

TOP > 連載・コラム

うつわの世界~絵を描くように盛りつける皿~

一口サイズの小さな三色団子を黒蜜でいただくレシピ。団子の上に黒蜜をたっぷりかけるのも美味しそうですが、今回はちょっとだけアートな感じでコーディネートです。
(このレシピの記事はこちら)

スプーンの背で黒蜜をサッとひき、その上に団子を置くパターン。選んだプレート皿は野口悦士氏の作品。こちらは7寸サイズです。釉薬をかけず、細かい粘土に化粧土をかけて焼き締めているそうで、シャープな印象を受けます。グレーのグラデーションや轆轤目が、黒蜜と共にアートの一部になったようでモダンに仕上がりました。

そして茶を入れたのは蕎麦猪口。江戸後期の伊万里の骨董で、小ぶりなものは珍しいそう。描かれているのは松の葉。灰が飛んだ跡や時を経て変化した色がとてもいい味になっています。

■取材協力・商品お問い合わせ
株式会社 一番館
東京店 GALERIE AZUR(ぎゃるりあじゅーる)
https://www.galerieazur.net/

関連キーワード

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

SNSでRyotei Style Jpをチェックしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube