RyoteiStyleJp

TOP > 連載・コラム

うつわの世界~焼魚をおともにした晩酌のひととき~

鯛を一尾まるごと塩釜焼きにした料理。美味しい魚をシンプルにいただく場所には、つい晩酌セットを揃えたくなりませんか? 今回は渋めの小皿と酒器をコーディネートです。
(このレシピの記事はこちら)

ほくほくの魚の身を少しずつ食べたい…その取り皿として用意したのは、吉野敬子氏の輪花皿。全体的にしっとりとした艶のある表情ながら、高台まわりは唐津焼らしく土見せがあります。色味としては渋めなのですが、輪花のラインが立体的で可愛らしさがプラスされているように感じます。

そして、徳利とぐい呑はどちらも鈴木正彦氏の作品です。どちらも同じ土を使い薪窯で焼かれているそう。徳利は灰釉が流れた様子が見事な模様となり、ぐい呑は外側がざらざらしているものの、見込みに艶があります。ありきたりではありますが“土の良さ”を堪能できますよ。

■取材協力・商品お問い合わせ
ギャラリー宙(そら)
http://tosora.jp/

関連キーワード

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

SNSでRyotei Style Jpをチェックしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube