RyoteiStyleJp

TOP > 連載・コラム

うつわの世界~落ち着き色の春の晩酌~

その個性的な外見とは裏腹(?)に鮮やかな色を見せる赤貝と青菜の和え物。カラフルな料理をふわっと包み込むような薄黄(黄茶)の輪花小鉢をセレクトします。
(このレシピの記事はこちら)

こちらは武末日臣氏の作品。細かな土を使っているそうで、するっとなめらかな雰囲気です。とはいえ、よく見ると小さな貫入が入っており、轆轤(ろくろ)目もわかり、奥行きも感じられます。小鉢として使い勝手の良さそうなサイズなのもいいですね。

これに合わせた酒器は、丸田雄氏のぐい呑。縁取りがしてある皮鯨ですが、それよりもゴツゴツとした土や焼きのニュアンスに目を奪われます。面白いのは、見込みに艶があり外側がマットなこと。とことん使い込みたくなるような、そんな作品です。

■取材協力・商品お問い合わせ
株式会社 一番館
東京店 GALERIE AZUR(ぎゃるりあじゅーる)
https://www.galerieazur.net/

関連キーワード

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

SNSでRyotei Style Jpをチェックしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube