RyoteiStyleJp

TOP > 連載・コラム

うつわの世界~“多様”を愉む 吉井史郎の三島手~

うつわの中央に放射状につけられている模様が印象的な、吉井史郎氏の作品。土に模様をつけて、そこに白い化粧土をかけ模様を浮き上がらせる「三島手」と呼ばれる技法がつかわれています。
この模様が何でつけられているのかというと、じつは縄を転がしてつけているのだそう。そのまわりと鉢の縁につけられた丸い線刻は、おそらく轆轤をまわしながら彫ったのでしょう。土の鉄分がぽつりぽつりと水玉模様となって出てきていても、どこかシュッとしたいさぎのよさを覚えます。


裏を返してみれば、サッと描かれたような刷毛目。赤みのかかった土のごつごつとした素材感と白の化粧土の対比、釉薬のたまった部分など其処此処が興味深く、いろいろな方向から眺めたり触れてみたりしたくなるのです。

■取材協力・商品お問い合わせ
ギャラリー宙(そら)
http://tosora.jp/

※このうつわを使用したレシピはこちら

関連キーワード

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

SNSでRyotei Style Jpをチェックしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube