RyoteiStyleJp

TOP > 連載・コラム

うつわの世界~春になじむ染付の皿~

桜葉・タラの芽・ふきのとうなど、春ならではの野菜を盛り込んだ天ぷら。1人用の小さな籠に盛りつけ、その側に天つゆと薬味の皿を添えました。白に染付が映えるすっきりとした組み合わせです。
(このレシピの記事はこちら)

天つゆを注いだのは、山本亮平氏の小鉢。見込みには風車を思わせるような絵がほどこされており(“ねじり文”と呼ばれているそう)、磁器の白に淡い青がさわやかです。高台の周りからもまた趣の違った線が描かれており、ちょっと楽しい気分になりますね。

そして、3色の大根おろしを並べた小皿は、丸田宗一廊氏の長方皿。線が垂直に交わった部分に、お花のように描かれている模様はなかなか可憐です。が、しかし、裏を返すと、小さな足(脚)が5つ。釉薬のちぢれや浮き出た土の鉄分の色も相まって、オモテとの表情の違いにいい意味で驚かされます。

■取材協力・商品お問い合わせ
株式会社 一番館
東京店 GALERIE AZUR(ぎゃるりあじゅーる)
https://www.galerieazur.net/

関連キーワード

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

SNSでRyotei Style Jpをチェックしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube