RyoteiStyleJp

TOP > 連載・コラム

うつわの世界~伝統の窯を継ぎ未来をかたちづくる 山田隆太郎の板皿~

相模湖の近くにある山田隆太郎(りょうたろう)氏の窯は、数年前まで陶芸作家・青木亮氏の窯でもありました。そこを引き継ぎ新たな作品を作り出している中、RyoteiStyleJpが出会ったのはふたつの板皿です。


どちらも、成形した土の上に白い化粧土をかける粉引のタイプ。とはいえ、土そのものに鉄分が多く、焼いている間にその鉄分が黒い水玉模様のごとく浮き出てきています。


細長い板皿のほうは片側に鉄の釉薬をぬって黒くしてあるそうですが、よく見るとその黒にも負けないかのように土の鉄分がにじみ出しているのがわかるのです。

裏を返せば赤みが出ている部分もあり、これは窯の火のあたり加減によってできたものとか。全体的にマットな仕上がりとなっているものの光にかざせばきらっと光るような素材感。鮮やかな色のお料理やお菓子をのせても粋な気がします。

■取材協力・商品お問い合わせ
株式会社 一番館
東京店 GALERIE AZUR(ぎゃるりあじゅーる)
https://www.galerieazur.net/

※このうつわを使用したレシピ その1
※このうつわを使用したレシピ その2

関連キーワード

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

SNSでRyotei Style Jpをチェックしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube