RyoteiStyleJp

TOP > 連載・コラム

うつわの世界~冷製おつまみをあたたかみのあるうつわで~

生ハムとサーモンの朱とチーズの黄でポップなイメージさえ伝わってくるおつまみ。さて、どんなふうに“和”を表現しようかひとしきり考え、選んだのは角皿です。
(このレシピの記事はこちら)

こちらの角皿は鈴木正彦氏の作品で、信楽の土をつかってつくられているそう。表面には黒釉薬がかけられ、まったりとした艶をまとっています。規則的に配置された水玉にも見える模様は、よく見ると小さなクロス(十字)になっていたりして可愛らしさもあります。

料理と共にコーディネートしたのは、木曽志真雄氏のぐい呑。織部釉がかかった美しいグリーンが印象的ですが、じつは粉引とかけ分けているのだそう。ちなみに、外側のラインはイッチンでつけられたもので、手描きのあたたかみが伝わってきますね。

■取材協力・商品お問い合わせ
ギャラリー宙(そら)
http://tosora.jp/

関連キーワード

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

SNSでRyotei Style Jpをチェックしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube