RyoteiStyleJp

TOP > 連載・コラム

うつわの世界~大皿料理のコーディネート~

餡をたっぷりとかけた白菜包み。数人集まる席ならば、大皿に盛りつけて個々の酒のペースに合わせていただきたいですね。今回は春の晩酌をイメージして淡い色のうつわを揃えました。


(このレシピの記事はこちら)

料理を盛りつけた大皿(鉢)は、高田谷将宏氏の作品です。薪窯で焼成されているそうで、土の鉄分が浮き上がった部分、火の加減でオレンジ色がお目見えしたりと表情豊か。鉢の深さもしっかりあるのでボリュームのある盛りつけも映えそうです。

取り皿として合わせたのは、矢野直人氏の斑唐津の向付(むこうづけ)。シンプルなフォルムながら、斑唐津ならではの色合いが美しく、唐津焼らしい高台まわりの土見せも味わい深いですね。

そして、酒器として添えたのは岡晋吾氏のぐい呑です。細かく描かれた染付の模様、馬盟(ばだらい)のかたち、高台部分に鉄釉で色をつけているなど見応えたっぷり。酒器としてだけでなく、小鉢として料理を盛るのも素敵です。

■取材協力・商品お問い合わせ
株式会社 一番館
東京店 GALERIE AZUR(ぎゃるりあじゅーる)
https://www.galerieazur.net/

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

SNSでRyotei Style Jpをチェックしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube