RyoteiStyleJp

TOP > 連載・コラム

うつわの世界~唐津焼・釉薬と土の味わい~

長芋と豆腐を合わせてふわりと仕上げた揚げ物。あたたかい出汁をかけていただく“やさしい”料理ですが、うつわは、あえてギャップを。少しだけワイルドテイストを加えました。
(このレシピの記事はこちら)

料理を盛りつけたのは、熊本千治氏の茶碗です。朝鮮唐津の定番の種類だそうで、外側には白の藁灰釉と鉄釉をかけているのだとか。釉薬が流れている境目が鮮やかな青に変色しているのが、引き込まれそうな美しさをたたえています。

そして、こちらに添えた酒器は、丸田雄氏の盃です。粗い土を使い、わざと荒々しいイメージにしているのだとか。昔の唐津の向付(むこうづけ)にあるデザインをぐい呑サイズでつくられたそうで、こういった筒型の盃は、酒器としてはもちろん湯呑としてお茶も楽しみたくなりますね。

■取材協力・商品お問い合わせ
株式会社 一番館
東京店 GALERIE AZUR(ぎゃるりあじゅーる)
https://www.galerieazur.net/

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

SNSでRyotei Style Jpをチェックしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube