RyoteiStyleJp

TOP > 連載・コラム

うつわの世界~黒丸鉢に合わせる小皿と酒器~

煮汁まで美味しく楽しめる煮物を大きめの鉢に盛りつけてテーブルへ。そんなときは取り皿や酒器までちょっとこだわりたいですね。今回は絵柄のないうつわでコーディネートです。
(このレシピの記事はこちら)

メインの黒丸鉢は鈴木正彦氏の作品。信楽の土を使い黒の鉄釉がかけられているそう。深さもあり、リムもぽってりとしていて存在感は抜群。料理をとても美味しく見せてくれるのは間違いありません。

取り皿として置いたのは土井善男氏の八角皿。磁器にたっぷりの釉薬がかけられていて、どこかやわらかい雰囲気に包まれています。こちらも深さがあるので、汁のあるもの、高さのある盛りつけも綺麗に仕上がりそうです。

そして、酒器としておいたのは鶴野啓司氏のぐい呑。オレンジ、ピンク、クリーム…何色といえばぴったりくるのか、美しく淡い色が印象的です。手に持っても重くなく、釉薬が流れ溜まっているところも優雅。とにかく軽やかなのです。

■取材協力・商品お問い合わせ
ギャラリー宙(そら)
http://tosora.jp/

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

SNSでRyotei Style Jpをチェックしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube