RyoteiStyleJp

TOP > 連載・コラム

うつわの世界~“桜”をしっとりとおもてなし~

日本の花といえば誰もが思い浮かべるのが“桜”。道明寺(桜餅)にはつい目をとめてしまいます。そんな伝統の和菓子を、花曇りのようなしっとりとしたコーディネートにしました。
(このレシピの記事はこちら)

こちらは竹花正弘氏の白磁の丸皿。形としてはとてもシンプルですが、リムの一番外側1ミリくらいに入れられたライン、高台まわりの緋色など見所がいくつか。釉薬の流れた様(さま)が温かみをプラスしてくれているような気がします。

そして、菓子に添えた湯呑は中里太郎右衛門窯の斑唐津の作品です。現在は十四代となっている中里太郎右衛門氏。このかたちは先々代(十二代)からつくり続けられてきたものだそう。小ぶりなのでぐい呑として登場させるのもいいですね。

■取材協力・商品お問い合わせ
株式会社 一番館
東京店 GALERIE AZUR(ぎゃるりあじゅーる)
https://www.galerieazur.net/

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

SNSでRyotei Style Jpをチェックしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube