RyoteiStyleJp

TOP > 連載・コラム

うつわの世界~益子の伝統と現代のデザイン 鈴木稔のぐい呑み~

外側はきれいに面取りされたような八角形。内側はするっと丸型。益子の陶芸作家・鈴木稔氏のこのぐい呑み、じつは轆轤(ろくろ)を引いたのではなく、石膏の割型をつかって成形したとのこと。パキッっと八角形がわかるのは、その方法だからかもしれません。

そして外側と内側で色合いも違っています。これはまったく違う釉薬をつかっているからだそう。どこまでもこだわりが感じられる作品です。

聞けば、鈴木稔氏は益子の伝統的な土を使いながら、現代の食卓に合う作品を多くつくっているそうで、このぐい呑みも、あらゆるコーディネートにすっとなじむような、そんな気がしました。

■取材協力・商品お問い合わせ
ギャラリー宙(そら)
http://tosora.jp/

※このうつわを使用したレシピはこちら

関連キーワード

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

SNSでRyotei Style Jpをチェックしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube