RyoteiStyleJp

TOP > 連載・コラム

うつわの世界~熊本千治(くまもとちはる)の酒器 皮鯨のぐい呑み~

ギャラリーの方にお話を伺うと、熊本千治氏はオブジェのような大型の作品を作ることが多く(日展で特選をとられてもいるそう)、酒器をつくるのはわりと珍しいとのこと。


シンプルな形に飲み口を縁取った皮鯨のこのぐい呑み、手に持ってみると意外に軽量なことに気づきます。大きさとしてはさほど小さくはなく、どうやら土をかなりそぎ落としているとか。

綺麗に釉薬がかけられていると思いきや、高台のあたりは土本来の質感や色がめきめきと顔を出しており、その表情の違いが楽しくもあります。お酒を注ぎ使っているうちに色合いが変化してくると聞き、そういったぐい呑みの未来が、ふわっと想像できるような気がしました。

■取材協力・商品お問い合わせ
株式会社 一番館
東京店 GALERIE AZUR(ぎゃるりあじゅーる)
https://www.galerieazur.net/

※このうつわを使用したレシピはこちら

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

SNSでRyotei Style Jpをチェックしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube