RyoteiStyleJp

TOP > 連載・コラム

うつわの世界~粉引の椀と色絵の小皿~

さっぱりとした茶粥をもりつける椀と、それにそえる漬物の小皿。普段使いができるちょっとこだわりのうつわを取り入れました。
(このレシピの記事はこちら)

茶粥の椀は熊本千治氏の作品。粉引のやわらかな色合いが茶粥の色ともマッチします。そしてこの飯椀、竹節高台(たけのふしこうだい)といって、高台を削り出して竹の節状にしてあります。こういった特徴を見つけるのもワクワクしますね。

漬物をのせているのは、岡さつき氏の作品です。安南を思わせるふんわりとした色絵が可愛らしく美しく、皿のかたちともしっくりきています。小皿とはいえ、食卓がふわっと明るくなるような華やかさがあり、なんだか楽しい気持ちになります。

■取材協力・商品お問い合わせ
株式会社 一番館
東京店 GALERIE AZUR(ぎゃるりあじゅーる)
https://www.galerieazur.net/

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

SNSでRyotei Style Jpをチェックしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube