RyoteiStyleJp

TOP > 連載・コラム

うつわの世界~たっぷりゆっくりと過ごす晩酌のとき~

精進出汁をつかった“おから”の総菜。日暮れ、冷え込んできた頃ゆったりめの時間がとれたら、ちょっと渋めのうつわと酒器で晩酌セットをつくりましょう。
(このレシピの記事はこちら)

料理を盛りつけたのは中里太亀氏の鉢。グリーンというかグレーというか深みのある色に、縁に線が入った皮鯨の作品です。轆轤で丸いかたちをつくり、最終的に四角に成形したそうで、なるほど…と裏を返してみると、唐津焼の、そして美しい高台が現れました。

晩酌をより愉しむに、酒器も大きめを用意。こちらは中里太郎右衛門窯の絵唐津猪口。横から見るとわかりますが、飲み口が内側に入ったフォルムが特徴だそう。猪口という名称ではありますが、サイズとしてはぐい呑と湯呑の間くらいなので、温かい部屋で氷を入れたお酒をいただくのも良さそうですね。

■取材協力・商品お問い合わせ
株式会社 一番館
東京店 GALERIE AZUR(ぎゃるりあじゅーる)
https://www.galerieazur.net/

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

SNSでRyotei Style Jpをチェックしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube