RyoteiStyleJp

TOP > 連載・コラム

うつわの世界~備前のオーバル皿で和のティータイムを~

干し柿と白玉をこしあんでいただく“和”の王道を行くデザート。大きめのオーバル皿をつかって、茶のカップまでコーディネートして、和カフェ風に仕上げました。
(このレシピの記事はこちら)

こちらの皿は、中原幸治氏の作品。備前の土に織部釉で模様をつけています。焼き締めのグラデーションの色と、織部釉のグリーンのコントラストが美しく存在感は抜群。今回はデザートを盛りつけましたが、揚げ物や煮物などでもアレンジの幅を広げられるに違いありません。

そして、湯呑は同じく備前の山本竜一氏の作品で、赤しそのような色が特徴的です。聞けば、これは赤松の灰でついた色なのだそう。一部分ほんのり緑色になっているのは、窯の中で火がよくあたり、灰が高温で溶けた変化なのだとか。ずっと触れていたくなるようなスルスルっとした手触りですよ。

■取材協力・商品お問い合わせ
ギャラリー夢幻庵 銀座店
http://www.mugenan.co.jp/
https://www.facebook.com/bizenmugenanginza/

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

SNSでRyotei Style Jpをチェックしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube