RyoteiStyleJp

TOP > 連載・コラム

うつわの世界~長角皿のコーディネート~

旬の鮟鱇(アンコウ)に菜の花を添えた春を思わせる一品。揚げたてをさらに美味しそうに演出できるよう、あたたかみのある色のうつわを選びます。
(このレシピの記事はこちら)

こちらは、木曽志真雄氏の長角皿。伊羅保釉(いらぼゆう)がかけられているそうで、ざらっとした手触りが感じられたり、鉄分がつくる様々な表情が見て取れます。何本か引かれているラインはイッチンで描かれたもので、これはなんだかほんわかな印象なんですよ。

さて、長角皿は秋刀魚を乗せられるくらいの長さなので、酒器も皿の上に置いてしまいましょう。こちらは、鶴野啓司氏のぐい呑。かたちとしてはシンプルなのですが、マットな部分や艶を感じる部分など、全方位で印象が変わる見応えのある作品です。皿と料理の色よりも濃いめの茶で、全体がキュッと引き締まるコーディネートになりました。

■取材協力・商品お問い合わせ
ギャラリー宙(そら)
http://tosora.jp/

関連キーワード

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

SNSでRyotei Style Jpをチェックしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube