RyoteiStyleJp

TOP > 連載・コラム

うつわの世界~鍋料理を愉しむうつわたち~

木の台と蓋がついた小さく薄い柳川鍋。この料理をいただくにあたって、取り皿と晩酌用のぐい呑をセレクト。テーマとしては、鍋のイメージに合わせて“少しだけゴツく”です。
(このレシピの記事はこちら)

取り皿として合わせたのは、山本亮平氏の青磁の碗。見込みには繊細な絵がほどこされているものの、全体的に灰をかぶっているような跡が。聞けば、薪窯で焼いているとのことでした。釉薬によって変化した色も高台のちょっと荒々しさも特徴的です。

さて、酒器はあえて大きめのタイプを。こちらは中里花子氏のカップ。湯呑として使えそうな大きさです。じつは、これは2017年につくられたオリジナルの記念作品なのだとか。それが印されている高台を見ると、粗い土をつかっているのがよくわかります。加えて貫入も多く見られワイルドな印象が深い作品ですね。

■取材協力・商品お問い合わせ
株式会社 一番館
東京店 GALERIE AZUR(ぎゃるりあじゅーる)
https://www.galerieazur.net/

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

SNSでRyotei Style Jpをチェックしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube